アンノン・スター

好きなものは好きでいいじゃないですか

はてなに3度目の挑戦!私はブログのしくじり先生だった

f:id:skyhigh1466:20180701124632j:plain

 

こんにちは。アスター(@august_spica)です

 

久しぶりにブログを書くのは、やはりちょっと緊張しますね

 

まったく知らない場所ではなく、かつていたところだからこそ

ドキドキ感が半端ないのかも知れません

 

でも「はてなブログ」が

ユーザー同士で手斧を投げあうような村であったとしても

本当に命まで取られるわけじゃありませんから

私は自分の思ったことを素直に書きます

 

2度も失敗しているので「しくじり先生」のようですが

自戒をこめて何がいけなかったのか、きちんと振り返ってみますね

 

 

結論から申しますと

『比べる・焦る・怒る』というネガティブな感情が

私のブログ運営にとっていちばんの命取りだったと思いました

 

「はてなブログ」との出会い

 

私はかつて、各地のブログを転々とする渡り鳥のような人でした

 

「はてなブログ」にはダイアリー時代から憧れていたんですが

はてな記法で記事を書かなければならないと勘違いし

派手なデザインや扱いが簡単な他のサービスに行ってしまいました

 

一昨年の12月、下手な小説をたくさん書いていた私は

「カクヨム」という新しい投稿サイトをみつけました

 

実はその運営会社が「はてな」だったんですよ

 

当時は小説を書くことをメインにしていたので

「はてなブログ」は「カクヨム」のおまけのように思っていました

 

でもドラマやアニメの視聴感想を書いたことがキッカケで

ブログのほうに夢中になって行ったんです

 

しかもアファリエイトでお小遣いが稼げると知って

もしかしたら家計の足しになるかも知れないと思い

すごくワクワクしていたんですよ

 

でも、淡い夢は無残に打ち砕かれてしまったんです・・・

 

ツイッターまとめサイトに負ける

 

当時のブログはごった煮の雑記でしたが

大河ドラマの感想記事でグーグルの1位を取ったことがあります

 

でも、これが悪夢のはじまりでしたね

 

アドセンスの審査も通って「ハナタカさん」になってしまった私は

ずっとグーグルに愛される女だと思い込んでいたんです

 

ところが・・・

 

なんと同じ「はてなブログ」で

コンテンツが競合するサイトが出てきたんですよ

 

それには管理人の肉声となる文章が一行もなく

他の人がつぶやくツイッターのドラマ感想を貼っただけのものでしたが

グーグルはそちらのブログを1位にしてしまったんです

 

その結果、私のブログはアクセスが10分の1に激減してしまいました

 

もしSEOをちゃんと勉強していれば

記事をリライトするか、違うコンテンツに切り替えることができたんですが

私は悔しさのあまりパニくるだけで

結局、1位を奪われた翌月にブログをやめてしまいました

 

これが1度目の「はてなブログ」での失敗です

 

同時期にデビューしたブロガーに嫉妬する

 

キュレーションもどきのようなブログに怒りまくった私ですが

気を取り直して、再び「はてなブログ」に復帰しました

 

前のような失敗はやるまいと心に決めていたんですが

負けず嫌いの性格が災いして、またもやダメだったんですよ

 

2度目の「はてなブログ」デビューは昨年の7月でした

 

1度目のときの読者さんのほかに、新しい読者さんも増えたんですが

その中に若い大学生の男の子がいたんです

 

彼はかなりいいところの息子さんだったようで

クラシックの音楽を勉強していて、何不自由なさそうな感じでした

 

最初はごく普通に交流していて

嫉妬するようなことは何もなかったんですが

海外留学や高価なレストランの話をしているのに

ブログでアファリエイトをやっていることが理解できませんでした

 

(私の個人的見解ですが

アフィリエイトはお金に余裕のない人がやるものだと思っています)

 

さらに私より一足早く「はてなブログ」のホットエントリーに入り

ブログのアクセスもみるみるうちに増えていったんですよ

 

思うように結果が出ない私は、内心穏やかじゃなかったですね

彼は飛びぬけて文章が上手ではなかったからです

 

人間、いちど目が曇ると何もかもおかしく見えるものです

 

私は彼だけでなく、他のブロガーさんにも嫉妬するようになってしまい

「はてなブログ」にいることが苦痛になってしまいました

 

そして2度目のリタイヤをしてしまったんですよ

昨年の11月のことでした

 

その時は自分のブログの長所を見つけることが全くできず

【もう二度とネットでものは書かない】と完全に諦めていました

 

あとで冷静になって気づきましたが

大学生の彼が「はてなブログ」でブレイクできたのは

「実名&顔出し」していたからだと思います

 

しかもかなりのイケメンでしたからね

 

ブログは書いている内容も大事ですが

管理人の個性も重要なんだと改めて感じました

 

膨大なPVの数字に驚いて絶望する

 

あと私は「はてなブログ」に来て、激しいカルチャーショックを受けました

それはたった一ヶ月で10万単位のPVを集めるブログがあるからです

 

有名ブロガーさんはもちろん

そんなに名の通ってない人でも活躍しているんですよ

 

私もネット歴はそれなりに長いので、何も知らないわけではありませんが

ずっと長いことサイトを運営しているならともかく

短期間にそんなにアクセスが来るブログがあることに驚きました

 

変な話、秘密のツールでも使っているんじゃないかと思ったほどです

 

昨年はブログ運営のいろはを全く知らなかったので、無理もありませんが

書いても書いても、思うようにPVが伸びない状況に絶望して

「エンジョイする」ということをすっかり忘れていました

 

まとめ

 

本当にみっともない失敗をしているので

もう2度とブログは書かないつもりでいましたが

リアルの経済状況がどうにも思わしくなくて

『ネットでお小遣いを稼ぐことができたら・・・』と考えました

 

ただ、私には「2度の前科」があります

 

そこで再び同じ過ちを繰り返さないために

各地のサイトをくまなく回って、ブログ運営のノウハウをとことん学びました

 

★何があっても継続することが大事

★独自ドメインは検索に有利

★最初の半年はアクセスが伸びない

★アンチやネガコメに負けるな

★雑記ブログはロングテールで勝負せよ

★自分の得意分野を生かせ

★ブログをとことん楽しもう

 

このブログの開設前に100以上のブログ指南サイトを訪問しましたが

だいたいこの7つが基本のようです

 

あと自分の失敗談から感じたことですが

人のブログと自分のブログを比較するのはダメですね

そんなことをすると、前に進めなくなってしまいます

 

「あの人は私よりアクセス数が多くて悔しい!」

 

・・・なんて無駄なエネルギーを使うより

頭を使ってオリジナリティあふれる記事を書くほうが

ずっと建設的だと思います

 

たとえPVが少なくても

更新を楽しみにしてくれる読者さんがたったひとりでもいれば

そのブログにはちゃんと価値があるんです

 

あとでわかったことなんですが

私にもそういう方が「はてなブログ」の中に何人かいました

 

現在の彼らが、私のことをどう思っているかはわかりませんが

もし再びご縁を持つことができるなら、交流してみたいです

 

そのためにも、今度は絶対に負けません

 

【比べる・焦る・怒る】は私のブログ運営の三大タブーとして

心に留め置きたいと思います

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

ではまた、次の記事でお会いいたしましょう