アンノン・スター

ドラマの名言やブログのあれこれを思いつくまま書いています

「ブログタイトル」と「テーマ変更」と「過去記事URL再利用」のこと

f:id:skyhigh1466:20180720114934j:plain

 

こんにちは。アスター(@august_spica)です

 

今日も酷暑でたまらないので

トップの画像には美味しそうなカキ氷を置いてみました

 

さて、毎日更新しているのに

「1日100PV」を突破できない私のブログですが

内容は悪くないのに読まれない理由は何故か

気になるので客観的に検証してみました

 

すると3つの問題点があったのです

 

 

朝ドラをもじったタイトルは逆に不利

 

昨日、娘からこんなアドバイスをもらったんですよ

 

『全部、青かったってインパクトのあるいい名前だけど

朝ドラのことを書いてるブログと勘違いされるんじゃないかな』

 

言われてみれば、確かにそうですね

 

しかも私はワードプレスで「レゾンデートル1466」という

ドラマ感想特化サイトをやっているので

このブログが朝ドラ専門の内容と思われてもおかしくありません

 

「半分青い」の情報を期待した人にとっては

「何これ?」と思ってガッカリしたことでしょう

怒って二度と来なくなった人もいるかも知れません

 

そこで「アンノン・スター」というブログタイトルに変えました

 

この「アンノン」とは私の愛猫にちなんだ名前ですが

ついでに彼のかわいい写真も置けば、招き猫で人を呼んでくれるでしょう

 

またこのタイトルは私のHNにも通じますよね

 

このブログは過去に何度も名前を変えていますが

今後はこれでバシッと決めて、更新をがんばろうと思います

 

スマホから見やすいデザインでないとダメ

 

前に使っていたのは「マテリアルぽっぷ」というデザインで

フォントがはっきりしていて、記事が読みやすいのが特徴でした

 

f:id:skyhigh1466:20180720182356j:plain

 

マテリアルぽっぷ - テーマ ストア

 

でも、スマホから見るとちょっと残念だったんですよ

 

スマホ用のCSSをいじるという手もありましたが

この暑い中それをやるのは面倒でしたし

いまやレスポンシブは当たり前じゃないですか

 

そこではてなのレスポンシブ対応テーマの中で

いちばん美しいと言われるものに変えてみました

 

f:id:skyhigh1466:20180525145209j:plain

 

Haruni - テーマ ストア

 

Haruniです

今年の3月にリリースされたもので

人気ランキングでは第5位、ダウンロード数が2228のテーマです

 

背景色は単色でもキレイなんですが

グラデーションを使うと幻想的な感じになって

高級感がにじみでてきます

 

実は以前にいちどHaruniを使ったことがあったんですが

他のテーマに目移りして変えてしまったんですよね

 

でもスマホからの閲覧が

ワードプレス並みに素晴らしかったので、復活させてみました

 

前と違ってくどくないデザインですし

何よりスマホやタブレットから見やすくなったので

前よりはPVが増えることを期待しています

 

過去記事URLを再利用してみる

 

PV減少の最大の原因は

アクセス数が多かった記事を書いた本人が「要らない」と思って

削除してしまったことでもありますね

 

実は読者さんの記事で

ちょっと面白いものがあったんですよ

 

artart1982.hatenablog.com

 

削除した元記事にアクセスがあったので

同じURLで再投稿したとのことですが

このように「リンク切れ」になっている記事が

ブログの足を引っ張っているのではないかと考えます

 

よくサイト評価を高めるために

「低品質の記事は削除しましょう」という話を聞きますが

その記事に対して閲覧者が検索で来ていた場合には

まったくの逆効果になる可能性があります

 

ちなみにこの記事は

「過去記事URL再利用」で書いています

 

他にもいくつかそういう記事があるので

また同じように復活投稿させれば

PV増加につながるかも知れませんね

 

まとめ

 

最後にブログにとって重要だと思われる基本事項を書きます

 

  1. ブログタイトルは誤解されないものをつける
  2. スマホから見やすいデザインを選ぶ
  3. うかつに記事削除はしない

 

これで私の目標である「1日100PV」を確保できるかはわかりませんが

何も手を打たないよりは、はるかにマシだと思います

 

あとはドメインが強くなるのを

気長に待つとしましょうか

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

ではまた、次の記事でお会いいたしましょう