アンノン・スター

ドラマの名言やブログのあれこれを思いつくまま書いています

【チア☆ダンの名言】本当の笑顔でないと意味ないやろ。嘘の笑顔で踊っても誰も感動せんでな(椿山春馬)

f:id:skyhigh1466:20180714172018j:plain

 

こんにちは。アスター(@august_spica)です

 

あの酷暑はどこへ行ったのか

最近の前橋は秋のように過ごしやすい日が続いています

 

夏の高校野球が大詰めになると

だいたいこんな感じの気候になるんですよね

 

わが群馬代表の前橋育英は惜しくも敗退しましたが

甲子園ではまだまだ熱戦が繰り広げられています

 

 

廃部の危機に立たされたチアダンス部ROCKETS

 

さて、話は変わりまして

先ほど動画配信サイトでチア☆ダンを視聴しました

 

主人公の藤谷わかば(土屋太鳳)率いるROCKETSが

まさかの廃部危機に直面するという物語でした

 

何故そんな事態になってしまったかというと

ROCKETSの顧問の漆戸太郎(オダギリジョー)が

外出中にバイクにはねられてしまい、重傷を負ってしまったからなのです

 

部員たちは顧問抜きで自主練習をするんですが

そこで橘穂香(箭内夢菜)が足を捻挫してしまい

このことに激怒した父親(宍戸開)が学校に乗り込んできました

 

「監督する者が不在なのに練習させるとは何事か!」と文句をいい

穂香の父親は福井西高校のチアダンス部を廃部にしようと考えます

 

話を聞いた校長の蒲生駒子(阿川佐和子)は

「1週間時間をください」と言って、その場を収めました

 

顧問の太郎がすぐに復帰できれば問題はなかったのですが

思った以上に回復は遅く、数ヶ月はかかるだろうという医者の見立てでした

 

それを知ったわかばはひどく落ち込むのですが

太郎の妻・今日子(松本若菜)は夫が書いたノートと図解を

わかばに手渡すのでした

 

それにはチアダンスに関する詳細な解説が書かれていたのです

 

わかばは学校の中にいたにもかかわらず

感極まって号泣してしまうのですが

そこへ幼馴染の椿山春馬(清水尋也)がやってきました

 

春馬は「どんなに辛くても笑顔で踊らなきゃいけない」というわかばに対して

こんな風に声をかけたのです

 

本当の笑顔でないと意味ないやろ

嘘の笑顔で踊っても誰も感動せんでな

泣きたい時は泣いたらいい

そしたらまた笑える時が来る

 

一度挫折して立ち直った人は誰かを励ますことができる

 

わかばの幼馴染の春馬は

福井西高校野球部のエースピッチャーでした

 

しかし甲子園を目指す予選大会でコントロールを乱し

試合に負けてしまったのです

 

甲子園のマウンドに立つという

高校球児としての夢をかなえることはできなかったのです

 

だから春馬は「全米制覇」という途方もない夢を追いかけるわかばを

はじめは「できっこない」という感じで見ていましたが

商店街の夏祭りで踊るROCKETSの姿を見て

前向きな気持ちを取り戻しました

 

春馬に好意を寄せる桐生汐里(石井杏奈)の励ましも

あったのかも知れませんね

 

挫折というのは誰にとっても嫌なもので

できることなら避けて通りたいものですが

一度どん底を経験して立ち直った人は

前よりもずっと強くなっているんですよね

 

春馬はどんなに悲しくても笑顔で踊らなきゃと無理するわかばに対し

本当の笑顔で応援することが大事だと言いました

 

確かに「カラ元気」の人に励まされても

やる気はいっこうに湧いてきません

 

応援というのはポジティブなエネルギーを誰かにあげることですから

明るく素直な心でいることが大事なんですよ

 

成長した春馬は高校2年生という設定なので

次の夏には甲子園に再チャレンジできるでしょう

 

福井西高校が甲子園に出場すれば

ROCKETSがアルプス席で応援すると思います

 

脚本やキャラ設定にはいささか難のある作品ですが

前向きなストーリーは見ていて元気になりますね

 

ドラマの詳しい感想はコチラからどうぞ!

 

6話の詳細をワードプレスで書きましたので

ぜひ合わせて読んでみてください

 

august-spica.me

 

10人から20人の大所帯になったROCKETSですが

JETSと競い合う日が楽しみですね

 

視聴率は相変わらず振るいませんが

近頃は動画配信サービスで見逃しチェックができるので

ある程度は致し方ないと思いますよ

 

ただもう少し男性の登場人物がいてもいいような気がします

 

コチラの記事もオススメです

 

www.skyhigh1466.blue

 

www.skyhigh1466.blue

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう