アンノン・スター

ドラマの名言やブログのあれこれを思いつくまま書いています

【グッド・ドクターの名言】ダメです。悲しい時は悲しい。痛いときは痛いと言わないとダメです。つぶれてしまいます(新堂湊)

f:id:skyhigh1466:20180713132655j:plain

 

こんにちは。アスター(@august_spica)です

 

山崎賢人さんの熱演で大評判の「グッド・ドクター」ですが

第4話では子どもの虐待について取り上げられました

 

とても悲しい内容だったんですが

社会問題になっているテーマに真摯に向き合う姿勢は

大切だと感じました

 

※前回の「グッド・ドクター」の名言はコチラ

 

www.skyhigh1466.blue

 

では、第4話のあらすじを紹介します

 

 

救急搬送されてきた少女の秘密

 

主人公・湊(山崎賢人)がレジデント(研修医)として働く東郷記念病院に 

救急搬送でひとりの少女が運び込まれました

 

ところが少女はまったく言葉を話さず

一切の医療行為も食事も受け付けないという

たいへんに困った患者だったのです

 

湊はそんな少女の担当医に任じられますが

裏では副院長の猪口(板尾創路)と

小児外科長・間宮(戸次重幸)の陰謀が働いていました

 

自閉症である湊が問題を起こせば

彼の後見人である司賀院長(柄本明)が引退するからでした

 

副院長は病院を乗っ取るために

邪魔な院長を退任に追い込もうとしていたのです

 

そんなことをまったく知らない湊は

張り切って少女のお世話をはじめますが

いっこうに打ち解けることができません

 

しかし一冊のお絵かきノートから

少女が「誰にも言えない秘密」を抱えていたことがわかりました

 

それは継母からの虐待だったのです

 

少女の名前は大石あかり(高松咲希)といい

実の母親は彼女が3歳の時に亡くなっていました

 

父親はそれを哀れに思って、薫(瑛蓮)という女性と再婚したのですが

薫は非常に嫉妬深くて狭量な性格でした

 

最初はあかりちゃんを実の娘のようにかわいがっていた薫でしたが

彼女が前妻に顔が似ているとわかると

とたんに態度を変えて、いじめるようになったのです

 

夫が出張ばかりだったので、その不満も爆発したのでしょう

 

しかし、あかりちゃんは尿道の病気で腹膜炎を併発しそうになっており

緊急手術をしないと危険な状態でした

 

高山(藤木直人)と夏美(上野樹里)がオペをすることになりましたが

湊は担当医なので、手術に立ち会うことを許可されました

 

そして湊の的確な指示のおかげで

あかりちゃんは危険な状態から脱出できたのです

 

薫があかりちゃんを虐待していたことを知った父親は

これを機に薫と絶縁することを決めました

 

湊は夏美に自分も父親から暴力を受けていたという

衝撃の過去について語るのでした

 

義理の母親でも心がけ次第で愛情を持てる

 

いくらあかりちゃんが前の奥さんに顔が似ているといっても

それだけで嫉妬していじめるというのは

あまりに大人気ない行動ですよね

 

顔は似ていても性格はまったく違うかも知れませんし

子持ちの男性と結婚するんですから

「いきなり母親になる」という覚悟はなかったんでしょうか

 

他局のドラマですが

薫には「義母と娘のブルース」の亜希子さんを

見習ってほしいと思いました

 

亜希子さんの口調や行動はビジネスライクなので

パッと見にはとっつきにくい変人に見えてしまいますが

つねに「みゆきちゃんファースト」で行動し

「良い母親になるのが目標です」と言っています

 

それはきっと夫である良一さんとの

心の交流が上手く言ってるからなんでしょうね

 

家族に辛く当たる人というのは

自分が孤独であったり、自己肯定感が著しく低い場合が多いので

誰か支えになる人や、ストレスを解消できる楽しいものを見つけると

他害行為は治まるのではないかと思います

 

純粋で強い湊が素晴らしい

 

話が脱線してしまいましたが

「グッド・ドクター」の素晴らしいところは

湊がいろんな人に怒られながらも、彼らを一切恨んでいないことです

 

主人公の純粋さと強さが

このドラマの魅力を何倍にも高めていると思います

 

realsound.jp

 

湊は薫に「冤罪」を着せられるんですが

彼女をかばって真相を語ろうとしないシーンがありました

 

虐待を受け続けていたあかりちゃんが

余計に傷つくと考えたからなんでしょうね

 

自分に嘘をつくと他人も傷つけてしまう

 

あかりちゃんの手術は無事に成功して

彼女は命の危機から救われたんですが

心のケアはまだ充分ではありませんでした

 

それをわかっていた湊は

親に気を使って我慢を重ねるあかりちゃんにこう言ったんですよ

 

ダメです

悲しい時は悲しい

痛いときは痛いと言わないとダメです

つぶれてしまいます

 

これはあかりちゃんだけでなく

毒親になってしまった薫にもいえることですね

 

自分の気持ちを素直に言わず

嘘をつき続けることは、いちばん悪いことなんですよ

 

薫本人も「前妻に嫉妬している自分」を認めて

「夫がいつもいなくて寂しい」という感情をどこかで吐露できれば

あかりちゃんをいじめて追い詰めるということは

おそらくしなかったでしょう

 

子どもを虐待から守るためには

被害を受けている本人の心のケアも大事ですが

親の精神状態を安定させることがまず第一だと思います

 

私事で恐縮なんですが・・・

 

実は私にも重度の自閉症の息子がいます

 

彼は今年で30歳になったんですが

見た目はいまだに12歳の少年のような可愛らしさです

 

「グッド・ドクター」のドラマを気に入ったのは

「陸王」で宮沢大地を演じた山崎賢人さんが主演だったからなんですが

彼が演じる主人公の湊の表情や仕草は

息子に驚くほど良く似ているんですよ

 

そんな息子は1週間後に

いつも暮らしている障碍者施設がお盆休みになるので

我が家に帰ってきます

 

正直、彼のお世話は疲れると思うときがあるんですが

「グッド・ドクター」の湊のファンになってから

息子への認識が大きく変わりました

 

私にとって見るべきドラマだったということですね

 

とくに今回は親としていろいろ考えさせられる話だったので

たいへん勉強になりましたよ

 

ドラマの詳しい感想はコチラからどうぞ!

 

4話の詳細をワードプレスで書きましたので

ぜひ合わせて読んでみてください

 

august-spica.me

 

重いテーマを扱った話でしたが

湊が職員に罵倒されるシーンはまったくなかったので

その点は安心できました

 

高山も少しずつ湊を認めはじめているようなので

今後も注目して行きたいと思います

 

主題歌は8月29日に発売になりますよ

 

『グッド・ドクター』主題歌「Hikari」歌詞の意味は?androp新曲より

 

コチラの記事もオススメです

 

www.skyhigh1466.blue

 

www.skyhigh1466.blue

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます
ではまた、次の記事でお会いいたしましょう