アンノン・スター

好きなものは好きでいいじゃないですか

【バック・トゥ・ザ・フューチャーの名言】道か?未来に道など必要ない(ドクター・ブラウン)

f:id:skyhigh1466:20180711091900j:plain

 

こんにちは。アスター(@august_spica)です

 

先日コチラの記事で主人とのなれそめを書きました

 

www.skyhigh1466.blue

 

実は主人には付き合っている人がいたんですが

どうしても諦められなくて悩んでいました

 

すると主人の友だちのKさんが

「映画デートでもしてみたら?」とアドバイスしてくれたんです

 

今日はそのときに観た「バック・トゥ・ザ・フューチャー」から

ブラウン博士の名言を紹介します

 

 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」基本情報

 

 

★制作スタッフ

脚本:ロバート・ゼメキス、ボブ・ゲイル

監督:ロバート・ゼメキス

制作総指揮:スティーブン・スピルバーグ

公開日時:1985年7月3日(アメリカ)、1985年12月7日(日本)

 

★出演者(敬称略)※声優はDVDソフト版から

マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス/山寺宏一)

エメット・ブラウン(クリストファー・ロイド/青野武)

ロレイン・ベインズ・マクフライ(リー・トンプソン/佐々木優子)

ジョージ・マクフライ(クリスピン・グローヴァー/富山敬)

ジェニファー・パーカー(クローディア・ウェルズ/勝生真沙子)

ゴールディ・ウィルソン(ドナルド・フュリラブ/中尾隆聖)

マーヴィン・ベリー(ハリー・ウォーターズ・Jr/石丸博也)

ビフ・タネン(トーマス・F・ウィルソン/谷口節)

 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」あらすじ

 

f:id:skyhigh1466:20180711100133j:plain

 

1985年のカリフォルニア州ヒルバレーに住む

ロックとペプシコーラが大好きな高校生マーティ・マクフライは

科学者である親友のエメット・ブラウン博士(通称ドク)を手伝って

深夜のショッピングモール「ツインパインズ・モール」の駐車場にて

スポーツタイプの乗用車「デロリアンDMC-12」を改造して

ドクが開発したタイムマシンの実験をする

 

ドクの愛犬アインシュタインを乗せたデロリアンを

1分後の未来にタイムトラベルさせる実験は成功したが

タイムマシンの燃料であるプルトニウムを調達するために

ドクが騙したリビアの過激派の襲撃に遭い

ドクは機関銃の凶弾に倒れてしまう

 

同じく命を狙われたマーティは

とっさにタイムマシンに乗ってモールの駐車場内を逃走するが

シフトレバーを動かす際に肘で

次元転移装置のスイッチを入れてしまったため

30年前の1955年にタイムスリップしてしまう

 

1985年に戻ろうとするマーティだったが

タイムマシンは燃料のプルトニウムを使い果たしてしまったため

タイムスリップすることが出来なくなっていた

 

そこでマーティは1955年のドクと会い

未来に帰る手助けをしてもらうことにした

 

最初は疑念の目を向けるドクだったが

マーティが持っていた「JVC製ビデオカメラ」に残っていた

タイムトラベル理論を思いついたきっかけなど

当時の自分しか知らないはずの事情をマーティが知っていたことから

彼を信じ、数日後にヒルバレー裁判所の時計台に落ちる予定の

雷の発生させる電力を利用しタイムマシンを稼動させる算段を立てる

 

しかし、もう一つ大きな問題があった

 

この年はマーティの父・ジョージと母・ロレインが

結婚のきっかけを得た年であったが

ふとした事から若きロレインはマーティに恋をしてしまった

 

このままでは父と母が結婚せず

マーティが生まれなかったことになってしまい、存在が消滅してしまう

 

落雷当日に行われたプロムで

臆病者のジョージが不良のビフ・タネンを退けて

ロレインとキスをする手助けをしたマーティは

かろうじて自身の消滅を免れ

時計台に落雷する時間ギリギリにデロリアンに乗り込み

ドクの命がけの助力で

「1985年のドクが銃撃される直前の時間」への帰還に成功する

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー - Wikipedia より引用

 

50回以上は観た名作中の名作

 

もともと私は

ウルトラシリーズにはまっていたのでSFが大好きなんですが

この映画には「笑いのツボ」がたくさんあったんですよ

 

主人公のマーティと過去の人々とのやり取りは爆笑モノで

いまだにウチの家族の間ではネタになっています

 

マーティは未来のことを正直に喋ってしまうので

行く先々で変人扱いされてしまうんですよね

 

極めつけはロレイン(マーティのお母さん)が

息子とは知らずに彼に恋してしまうところです

 

それはジョージ(マーティのお父さん)とロレインが出会うキッカケを

マーティがひょんなことから邪魔してしまったために

本来ならジョージに恋するはずが、まさかの事態になってしまったからなんです

 

そもそもジョージとロレインが結婚しなければ

マーティは生まれてこないわけですから

彼はどうにかして2人をくっつけようと必死になります

 

ところがジョージはヘタレの高校生で

恋愛よりもSF小説を書くことに興味深々でした

さらにジョージをいじめていた不良のビフが

ロレインに横恋慕していたんですよ

 

そこでマーティは宇宙人に変装すると

寝ているジョージの部屋に忍び込み

強烈なへヴィメタルを聴かせて、脅しをかけます

 

息子のしわざとは知らないジョージは・・・

 

ゆうべ、バルカン星人がボクのところにやってきて

ロレインをダンスパーティに誘わないと、脳を溶かすって言ったんだ!

 

そう言ってマーティに泣きつくのでした

 

しめしめと思ったマーティはジョージに

女の子のくどき文句を教えるのですが

そういったことにまったく慣れていないジョージは

肝心のロレインを目の前にして、とんでもないことを言ってしまいます

 

ロレイン、君とボクとは結ばれる運転だ

 

運命と言いたいところを、みごとに言い間違えたんですが

ロレインはまんざらでもなかったようで

ジョージのことを気に入るのでした

 

しかしビフはロレインのことを諦めてはいませんでした

彼はダンスパーティの当日に、ロレインに手を出そうとしたんですよ

 

相手が自分より強いビフなので

最初は勝てないと思ったジョージでしたが

ロレインが泣きながら助けを求めたので

ジョージは必死の思いでビフをやっつけたんです

 

これでめでたく、マーティの両親はくっつくこととなりました

 

でも、2人の出会い方がまったく違ったので

その後の歴史は大きく変わったんですよ

 

これ以上のネタバレは興が削がれてしまうので

実際にこの映画を見て確かめてください

 

でも、この記事のタイトルになっている名言は

本当に素晴らしいので、原文を載せておきますね

 

Roads? Where we're going we don't need roads.

 

これはラストシーンで、ブラウン博士が言った台詞なんですが

【未来に道など必要ない】と意訳されていましたね

 

そのせいなのか

この映画の続編では、自動車が空を飛ぶ設定になっています

 

しかもそれが2015年の世界だったので、ビックリしましたよ

 

ちなみに、当時のアメリカ大統領ロナルド・レーガン氏は

この映画を気に入っていた模様です

 

彼は1986年の一般教書演説で、先ほどの台詞を引用しているんですよ

 

また現在のアメリカ大統領ドナルド・トランプ氏は

ビフ・タネンのモデルになったと噂されています

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は

いろんな意味で神映画じゃないでしょうか

 

31年目の7月11日

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は劇場ではなく

主人の友だちのKさんの家で、地上波放送の録画を観たんですが

主人もSF好きだったので、あっという間に意気投合しました

 

知り合って1年も経たずに結婚したというんですから

私の両親や姉たちは、本当に驚いていました

 

もちろん、この31年の間に

良いことも悪いこともありましたが

この選択は間違っていなかったと思います

 

主人と結婚しなければ2人の子どもは生まれませんでしたし

きっと私はまったく違う人生を送っていたでしょうね

 

20歳のころ、音楽にものすごくはまっていた私は

その道でご飯を食べようと真剣に考えていました

 

業界関係者とも交流していたことがあります

 

しかし母に強硬に反対されたことや

自身に作曲の才能がないことがわかって

芸能界に入ることは断念したんですよ

 

時々「その道に行ってたら・・・」と想像することがありますが

決して甘くない世界なので、売れていなかったと思います

 

でも、高校を1年で中退して学歴がなかったので

一般的な仕事には就けないと諦めていたんです

 

そんなときに主人に出会ったんですよね

 

彼は「団塊の世代」なので気難しいところもありますが

私には本当にいろんなことを教えてくれました

 

やたらと引き出しの多い「雑学おたく」になったのは

少なからず主人の影響があると思います

 

31年前の今日は前橋市役所に婚姻届を提出した日ですが

主人は意外なことに覚えていて

「夕飯は何か買ってくるから作らなくていいよ」と電話をくれました

 

もし「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンがここにあったら

私は「西暦2037年7月11日」に行ってみたいです

 

その日は50年目の結婚記念日ですから

 

コチラの記事もオススメです

 

www.skyhigh1466.blue

 

www.skyhigh1466.blue

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

ではまた、次の記事でお会いいたしましょう