アンノン・スター

ドラマの名言やブログのあれこれを思いつくまま書いています

【戦国名将一日一言】したいことをするな。嫌なことをしろ(武田信玄)

f:id:skyhigh1466:20180716103410j:plain

 

こんにちは。アスター(@august_spica)です

 

今年の夏は本当に暑いですね

38℃なんていう気温はもはや体温じゃないですか

 

私の大好きな戦国時代は

地球温暖化などなかったと思うので

たぶん現代よりは過ごしやすかったでしょうね・・・

 

戦国名将一日一言 (PHP文庫)

戦国名将一日一言 (PHP文庫)

 

 

 Kindle版はコチラ

 

愛蔵版 戦国名将一日一言

愛蔵版 戦国名将一日一言

 

 

とはいえ、エアコンも扇風機もない時代なので

暑さで苦しんだ人はいたかも知れません

とくに甲斐の国(現在の山梨県)は盆地なので

気候は厳しかったのではないでしょうか

 

第14回目の今日は武田信玄の名言を紹介します

 

武田信玄とはこんな人

 

f:id:skyhigh1466:20180630003244p:plain

画像出典:信長の野望蒼天録

 

武田信玄(たけだしんげん)

生年:1521

没年:1573

役職:甲斐武田氏19代当主

配偶者:三条夫人、諏訪御料人、油川夫人ほか

備考:甲斐の虎という渾名で呼ばれる

 

戦国名将一日一言より本文を引用

 

武田信玄は暇があると

よく部下を集めて話をしたり聞いたりした

ある時

「人間というのは身分が高かろうと低かろうと

自分の身を保って行くために大切なことがひとつある

何だと思う」と訊いた

部下たちは互いに顔を見合わせて

「ちょっと思い当たりません。身分の高下を問わず

共通して身を保つために必要なことというのは

いったい何でございましょうか」と訊いた

 

嫌なことは先延ばしにしないこと

 

信玄は首をかしげる家臣たちに

こんな風に答えました

 

『私が自分を戒めているのは、自分の好きなことはなるべくしないこと

むしろ、嫌だなと思うことをするように務めている

これがいま身を保っている理由だ』

 

なんと信玄は好きなことは「後回し」にして

「嫌だな・・・」と思うことを先に片付けていたんです

 

確かにこういう話なら

身分はまったく関係ないですね

 

7月というと学生さんは夏休みの真っ只中ですが

気の毒なことに大量の宿題と格闘しなければなりません

 

でも信玄のいうことを実践して

宿題から先にクリアしてしまえば、あとは思う存分遊べますよね

 

かくいう私は学生時代

夏休みの宿題をほとんどしなかったので

2学期は地獄の残り勉強でした

 

嫌なことというのは

とっとと片付けたほうが心理的にも楽ですね

 

信玄流「自分を鍛える方法」

 

信玄は名将の中の名将ですから

さらにこんなことも言っているんですよ

 

『嫌なことから先に手をつける。嫌なことというと

どうしても先延ばしにしたり、あるいはやらないように横着を決め込む

しかし、これが自分を弱くする

自分の好きなことばかりしていたのでは、人間は強くならない

また他人のためにはならない

目の前に好きなことと嫌なことが並んでいたら

嫌なことのほうから先に手をつけるべきだ』

 

自分にとって嫌なことというのは

だいたい面倒だったり、難しかったりしますから

ついつい「パス!」と言いたくなります

 

しかし信玄は「あえて挑戦」することで

自分が強くなると教えてくれています

 

私は不良主婦なので家事をするのが面倒ですし

おまけに暑いのは死ぬほど苦手なので

夏場の炊事などは「嫌だな・・・」と思っています

 

だけどそれは「よろしくないことだ」と信玄が言っているので

酷暑にめげず、主婦のミッションをがんばろうと思いました

 

コチラの記事もオススメです

 

www.skyhigh1466.blue

 

www.skyhigh1466.blue

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

ではまた、次の記事でお会いいたしましょう