アンノン・スター

ドラマの名言やブログのあれこれを思いつくまま書いています

侍ジャパン、2年前のリベンジ

f:id:skyhigh1466:20180718093922j:plain

 

こんにちは。アスター(@august_spica)です

 

昨日は侍ジャパンの試合がありました

正式名称は「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」といいます

 

侍ジャパンというと

WBC(ワールドベースボールクラシック)のイメージがありますが

今回は参加国と出場選手がちょっと違います

 

www.japan-baseball.jp

 

「アジア限定」の大会で

出ている国は日本・韓国・チャイニーズタイペイ(台湾)しかありません

そのため期間もわずか4日間しかないんですよ

 

また出場選手は24歳以下か

プロ野球チームに入団して3年未満の人が中心です

そのためフレッシュな顔ぶれが多かったですね

 

ほとんどが知らない選手ばかりでしたが

横浜DeNAベイスターズの山崎康晃投手が守護神を任されていたので

彼の大ファンの私はごはんを食べながらTV観戦しました

 

この人、球界でもイケメンと評判です

 

野球中継は嬉しいことにTBSがやってくれたんですが

かの局は侍ジャパンが登場すると、めっちゃカッコいい曲を流してくれます

 

 

この曲は侍ジャパンにとって

試合のハイライトシーンを紹介するときの必需品になっており

私は公式のテーマ曲だと信じ込んでいました

 

でもTBS系列で放送されたときだけで

他局(テレビ朝日など)で侍ジャパンの試合を中継したときは

ぜんぜん違う曲が流れて拍子抜けしたことがあります

 

このセパレート・ウェイズの曲のカッコ良さと

選手のプレーシーンは本当にベストマッチなんです

 

私のような「野球&音楽好き」にはこたえられないですね

 

さて、肝心の試合なんですが

白熱したシーソーゲームとなりました

 

相手はお隣の国・韓国でした

 

韓国とは政治面でいろいろあるせいか

野球の世界大会でも「宿命の対決」などと言われてしまいます

 

私は政治とスポーツは切り離したほうがいいと考えているので

侍ジャパンを応援していましたが、韓国に対して強い敵意はありませんでした

 

ただ2015年11月20日に行われたプレミア12の準決勝で

侍ジャパンはあと一歩というところで、韓国に悔しい敗退をしていたので

そのリベンジは果たしてほしいと思っていました

 

昨日の試合は8回まで1点を争う緊迫したもので

侍ジャパンは土壇場の9回に相手投手の押し出しで同点に追いつきました

 

10回の表に韓国に3点を取られて「万事休す」と思いきや

なんとその裏に4点を取って試合をひっくり返したんですよ!

 

www.japan-baseball.jp

 

我が家は夜11時以降はテレビを見ない習慣なので

私は残念なことに、侍ジャパンの勝利シーンを見ることはできませんでした

 

なんとTBSは、試合終了まで中継をやっていたみたいですね

 

時間は日付が変わる少し前だったので

球場で見ていたみなさんは本当にお疲れだったと思います

 

 

でも、非常に劇的な勝ち方で

侍ジャパンはみごとに2年前のリベンジを果たしてくれたので

野球ファンにとっては最高の一日になったことでしょう

 

おかげで私もすごくハイテンションで

今日は怖い怖い虫歯の治療を、無難にすることができましたから

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

ではまた、次の記事でお会いいたしましょう