アンノン・スター

ドラマの名言やブログのあれこれを思いつくまま書いています

私は時々サイトから消えます

f:id:skyhigh1466:20180718155033j:plain

 

こんにちは。アスター(@august_spica)です

 

久しぶりにネット関連の記事を書きます

 

たまには「趣向を変えてみるのもいいかな?」と思ったのと

最近、私がブログとツイッターをまったくいじらない日があるので

不思議に思った方がいるだろうと感じたからです

 

まあ、有名ブロガーではないので

さほど注目されているとは思いませんが・・・

 

それにはいくつかの理由があります

 

 1.リアルでやるべきことが増えた

 2.コーエーの歴史ゲームをやりたくなった

 3.ネットの情報に依存したくない

 

まず1ですが

先月の半ばにあんのんがおしっこの出ない病気になりまして

約10日間ほど入院しておりました

 

お正月に落ち着かなかったのは

調子が悪いのを訴えていたのかも知れません

 

幸いなことに現在は元気にしておりますが

猫はデリケートな生き物なので、きめ細やかなケアが大事なんですよ

 

また家事のほうもきちんとこなさないと

几帳面な娘に怒られてしまうので

悪戦苦闘しながらがんばっています

 

次に2ですが、これはもう「海月姫」の影響ですね

 

あのドラマにはまややという「三国志おたく」がいるんですが

彼女の言動やグッズを見ていたら

無性にコーエーの「三国志シリーズ」がやりたくなってしまったんですよ

 

娘も三国志が好きなので

家事が終わった褒美にWindowsXPを起動してプレイしています

 

ブログ用のノートPCとWindowsXPを交代で使っているんです

 

「三国志シリーズ」には最新機種に対応したSteam版もあるんですが

愛猫の治療費が払い終わるまでは入手できないので

WindowsXPを使っている間はネットの接続を切っています

 

私はビル・ゲイツさんとマイクロソフトに恨みはありませんが

WindowsXPのサポートを終了したことには

ちょっとクレームを言いたいですね

 

WindowsXPでインターネット接続ができなくなったのは

本当に残念なことですよ

 

最後に3ですが

これはブログを続ける上でのスタンスのひとつです

 

私はネットを使うとき

おもにはてなブログを中心に情報を見ているんですが

時々「自分の価値観とは合わない」記事に出くわすことがあります

 

 ・収益報告

 ・リア充爆発

 ・ダークすぎる愚痴

 ・誹謗中傷

 ・下ネタ

 

この中でも収益報告や生活面でのリア充爆発記事は

正直に言うとすごく苦手です

 

私はまったくといっていいほど

お金には縁のない暮らしに甘んじていますから

 

以前にそういった情報を目にした私は

自分の劣等感を肥大化させてしまい

はてなブログをリタイヤするという最悪の事態になったんです

 

そんな記事に振り回されないためには

始終ネットの中にいるのはよろしくありません

 

たまにはすっぱりと離れて

頭をリセットさせる必要があるんですよね

 

細く長くブログを続けるためには、休日を作ることが大事です

 

更新を楽しみにしている方には寂しい思いをさせてしまいますが

チェックしているドラマの翌日あたりには顔を出しますので

あまりご心配はなさらないでください

 

でも、サイトの管理人がいなくなるというのは

今にはじまったことではないんですよ

 

その昔「ホームページ」が全盛だった頃には

「バナーを貼って同盟に入る」という遊びがありました

 

その中に「消失同盟」というのがあったんです

 

http://trick.boy.jp/kie.html

 

リンク先には以下のようなことが書いてありました

 

◆ 前置きなしで1週間くらいサイトから消えることがある

◆ 1週間どころか1ヶ月くらいサイトから消えることがある

◆ どちらかといえば消えてる方が多いかもしれない

◆ 消えるのが好きになったかもしれない

◆ 消え癖がついちゃったかもしれない

◆ ていうか今まさに消えてます

 

消失同盟はそんなサイト・ブログマスター様の味方です

消失アイコンを貼って自分が消えやすい人間だと主張しておきましょう

そうすれば消えていることに対して苦情を言われても一言で片付きます

 

私の場合は1週間に2~3日ですから

消えてるうちには入らないかも知れませんが

たまにブログやツイッターからいなくなることは確かなので

参加表明をしてみました

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます

ではまた、次の記事でお会いいたしましょう